事業内容

「ショピモ」から始まる
流通イノベーション。

私たちの事業の中核となる「ショピモ」は、お買い物中のお客様とダイレクトな
コミュニケーションを実現する日本発のタブレット付きカート。
入店直後の入口で、売り場の商品棚で、あるいはレジ待ちの列で。
お客様一人ひとりのお買い物に寄り添い、商品やサービスなどの情報コンテンツを
最適なタイミングでお届けします。

日本発のタブレット付きカート「ショピモ」が
実現する、新しいインストアマーケティング。

ショピモ 販売促進 データ分析・コンサルティング 集客・店内送客 他社との協業・研究開発

販売促進

ポイントが貯まるクーポンをはじめ、お客様にとってなじみ深い小売店舗の販促施策やMD提案を電子化。しかも、いつもの買い物カートで誰でも簡単に使えるのがショピモの特長です。導入直後から目に見えてご利用が拡大し、短期間で「行列のできるサービス」へと成長。商品単品の販促効果はもちろん、アップセルやクロスセル、買い上げ点数増加による客単価のアップも実証されています。

ショピモご利用者の声

お客様のメリット
  • お得なクーポンによるお買い物で、ポイントが貯まる
  • 店頭で楽しくお買い物ができ、かつお得な情報が得られる

はい 95%
ショピモをまた利用したいと思いますか?
はい 61%
ショピモに掲載されているクーポン、チラシ、レシピを閲覧後、買うつもりがなかった商品を賈ったことがありますか?
はい 80%
買うつもりがなかった商品を購入したことにより、お買い上げの合計金額は思っていたよりも増えましたか?
(買うつもりがなかった商品を購入した方対象)

※2017年3月に実施した、ショピモ導入小売店でのショピモ利用者アンケート結果より抜粋

高い販促効果を生むショピモ

小売様のメリット
  • 店内潜在時間増加、購買金額・商品点数のアップ
  • ショピモが新たな来店理由になる、お客様のロイヤルカスタマー化

購買金額
購買金額 +40%

+40%

購買商品点数
購買商品点数 +37%

+37%

ショピモ利用者と非利用者の購買金額・購買商品点数比較(一人あたり平均)

※ショピモ導入小売店2店舗平均 
期間:2016年12月〜2017年4月


メーカー様の
メリット
  • これまでにない新たな販促手段による高い単品販促効果
  • PUSH配信機能を使い、商品の目の前で訴求することによる新規顧客の獲得

単品売り上げ

ショピモ導入前(4週間)→ ショピモ導入後(4週間) 平均2.3倍 ショピモ導入による売り上げ増加

※ショピモ導入小売店におけるショピモクーポン対象品の単品売上額をショピモ導入前4週間と導入後4週間で比較した際の増加率の平均。
対象期間:2017年3月6日〜2017年12月14日

新規購入率

リピート 13% 新規購入率 87%

※ショピモクーポン対象商品(メーカー負担クーポンのみ)を購入した人のうち、過去3カ月間にその商品を購入していない人を新規購入者として計算。
対象期間:2017年3月6日〜2017年12月14日

集客・店内送客

売上=客単価×客数×来店頻度。ショピモでは、販促強化による客単価アップと同時に、客数や来店頻度の増加を支援します。たとえばショピモで人気の「あつめてPON!!」は、広い店内での回遊行動を促進する自社開発のサービス。ゲーミフィケーションの概念を取り入れて、お客様に負担を感じさせることなく「お得」で「楽しい」買い回り体験を演出します。また、店内の特定売り場への集客をはじめ、今後は売り場やフロア間の送客などにも発展させながら、販促施策と組み合わせた相乗効果も狙えます。

店内回遊ゲーム「あつめてPON!!」

ショピモでパズルのピースなどを集めながら、店舗内を回遊。お客様を特定の売り場へ誘導することが可能です。

店内回遊ゲーム 「あつめてPON!!」 ゲームイメージ

クリエイティブ次第で「パズル」や「しりとり」などさまざまなゲームにアレンジして、広告・宣伝に活用できます。

売場誘引効果

お客様の動線上で商品情報をPUSH配信することで、商品が置かれている棚へ送客を図ることが可能です。

主動線から定番棚へお客様を誘導して、
売上が約2
売場誘引効果 イメージ図

※ショピモ導入SM型小売店1店舗における実績。 
期間:2017年6月19日〜2017年7月16日

データ分析・
コンサルティング

「店舗の主通路以外で通行量の多い場所はどこ?」「売り場や商品棚の立寄率や滞在時間は?」「買い回りの順番は?」…など、お客様の店内行動データを解析し、商品購入までの意思決定プロセスに迫ります。ID-POSや会員属性などと組み合わせれば、より多角的で精度の高いデータマイニングも可能。動線分析や顧客分析、アソシエーション分析など多様な手法を駆使しながら、データに基づく課題解決と施策のPDCAをサポートします。

販促施策の効果検証や売り場誘導の最適化、ショピモのアンケート機能を使った顧客の意識調査など、活用実績はさまざま。流通小売の現場を熟知した分析官が、調査設計からデータ分析、具体的な施策提案・コンサルティングまで一気通貫で対応します。

動線データ分析イメージ

全利用者
動線データ分析イメージ 全利用者
クーポン
利用者
動線データ分析イメージ クーポン利用者

お客様の通過・立寄・検討時間などの店内行動データから、販促効果を可視化できます。

他社との協業・
研究開発

三井物産グループや国内外の企業と提携して、最新のリテールテクノロジーを取り入れた研究開発を強力に推進。決済機能付きショッピングカートやお客様に最適なレコメンドを届けるための「独自AI」、スマートフォンの活用、外部データとの連携の推進などの先行開発にも取り組んでいます。