サービス企画

この会社では
何でもチャレンジ
できる。
そこが楽しいところ。

立川 太三

TACHIKAWA HIROMI

サービス企画部 部長

1985年生まれ。大学卒業後、スポーツマーケティングジャパンに入社。買収により、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに移り、芸人やタレントを活用したデジタルマーケティング企画や営業に従事する。2012年には頓智ドットに転職し、マーケティング部長としてAR・VR・O2Oアプリ事業のマーケティング・事業開発をリード。2016年から、ショピモ事業立ち上げメンバーの1人としてマーケティング・グラビティに参画。

立川さんは、ショピモのサービス設計や企画を中心となって牽引してくれている、頼れるリーダーです。見た目こそ、ちょっと軽めの印象ですが(笑)、実際は誰よりも仕事熱心でストイック。チャレンジ精神も旺盛で、今やハードウェア設計や他社との業務提携までマルチにこなす、唯一無二の存在です。

自分のやり残したことに
再チャレンジできる
のではと思った。

以前の職場でも、ビーコンを活用したO2Oアプリでリアル店舗の来店計測や販促機能を提供していましたが、それが急に道半ばで事業売却することに… そんな矢先にマーケティング・グラビティを知り、リアル店舗のデジタル化を実現するショピモなら、自分のやり残したことに再チャレンジできるのではと思ったのが入社のきっかけです。スマホアプリではなく、「タブレット付きショッピングカート」という形でサービス提供するダイナミズムにも惹かれました。

入社してからの感想は、いい意味で、これまでのキャリアで培ったスキルを活かす場面が少ないです(笑)。前職ではソフトウェアの商品開発が中心でしたが、ショピモ事業ではタブレットや専用端末、タブレットをカートに装着する治具、充電などハードウェアに関わる企画開発も多く、これまで経験したことのない分野に日々チャレンジしています。

今は、ショピモ事業が
世の中から
成功と評価
されるようになることに
集中しています。

現在はサービス企画部に籍を置いていますが、実際は企画だけでなくマーケティングから営業、ハードウェア開発に至るまで、部署を横断しながらさまざまな業務に携わっています。ベンチャーらしく、どのプロジェクトにも顔を出す遊軍という感じですね(笑)。
どの仕事でも、常に目指しているのはユーザー満足度の向上。ショピモを使うエンドユーザーさんにハッピーになってもらい、それによって小売り店舗やメーカーさんにも喜ばれたときに一番やりがいを感じます。

今はまず、このショピモ事業が1日も早く、世の中から見て成功と評価されるようになることに集中しています。
プライベートではつい最近、子どもが生まれたばかりなので、家族と過ごす時間や自分の時間も大切にしながら、バランスのいい働き方をしていきたいですね。

メッセージ

三井物産の資本という大きな安定感のもと、自分から積極的に動けば部署や領域を越えて何でもチャレンジできる点が、この会社の1番楽しいところです。エンドユーザー・小売り・メーカー、全ての人をハッピーにするというミッションは難題ではありますが、そこにチャレンジすることを「楽しい!」と思える気質と、「ユーザーファースト」の考え方に共感できる方なら、きっと楽しく仕事ができると思います!

  • 立川 太三 TACHIKAWA HIROMI サービス企画
  • 平島 輝 HIRASHIMA AKIRA 営業
  • 本多 志津子 HONDA SHIZUKO データアナリスト
  • 前田 浩嗣 MAEDA HIROSHI クリエイティブディレクター

営業

人生、山あり谷あり。
私は
登っている時が
一番楽しいです。

平島 輝

HIRASHIMA AKIRA

営業部 部長補佐

1979年生まれ。大学卒業後、大手食品メーカー・山崎製パン(株)に入社。営業の第一線で経験を積み、ルートセールス、小売営業を経て、新商品開発や販促を手掛ける営業マーケティング業務に従事する。2017年よりマーケティング・グラビティに参画。

現場が大好きで、つねに営業の最前線にいる平島さん。愛嬌のある笑顔と、腰の低い謙虚な姿勢で、お取引先からも可愛がられる存在です。ショピモの一番のファンとして、そのよさを熱く語るうちに、みんなも思わず引き込まれていく。そんな、アツい営業スタイルが魅力ですね。

入社した理由は、
ショピモを世の中に広め、
「流通革命を起こすため」。

入社した理由は、小売店舗とメーカーの間に立ちながら、ショピモを世の中に広め、流通革命を起こすためです。
ショピモが持つ販促効果や動線データの活用によって、現状の小売とメーカーの関係、そして販促のあり方を大胆に変えていきたい! そんな大きな野望を持って入社しました。

ショピモ事業は、パートナーである小売店舗やメーカーのご協力なくしては成り立ちません。一度ご参加いただければきっとファンになってもらえる自信はあるものの、入社当初はまだまだショピモの認知度も低く、営業にはかなり苦戦しましたね。当時はまだ2人しかいなかった営業担当で100社を超えるメーカーを回って、ショピモを紹介しまくりました…
おかげで今では多くの企業から継続的に利用いただけるようになり、そのときの苦労が生きています。

小売の最前線で、今までは
見えなかった、
幅広い景色を眺めることが
できるのは
とても貴重な経験。

現在は営業として、小売店舗やメーカーの担当をしています。小売の最前線で商談したり、あらゆるカテゴリーメーカーのご担当者と商談したり、メーカーに勤務していた頃には見えなかった、幅広い景色を眺めることができるのはとても貴重な経験ですね。

私はこれからも常に営業の現場に身を置いていたいですね。より多くの小売店舗やメーカーにショピモの存在を知ってもらい、ショピモがあって当たり前の世の中にしたいです。自分の野望でもある流通革命を起こし、販促・広告・分析などあらゆるシーンで「ショピモがなきゃ話にならない」というところまでもっていけたら本望。
さらにAI、機械学習、ターゲティング、出し分け、リコメンド…など、個人的な野望はまだまだ尽きませんが、長くなりますのでこのへんで(笑)。

メッセージ

人生、山あり谷あり。私は登っているときが一番楽しいですが、みなさんはどうでしょうか?
マーケティング・グラビティは、まだまだ登山口にやっと立ったかな?というところです。これから頂上を目指して一緒に登っていこうという方には、とても刺激的で面白い環境であることはお約束します。
私のように個人的な野望をお持ちの方も大歓迎!その実現のために会社を利用してやろうというくらいの人の方が、楽しく仕事できるかもしれませんね。

  • 立川 太三 TACHIKAWA HIROMI サービス企画
  • 平島 輝 HIRASHIMA AKIRA 営業
  • 本多 志津子 HONDA SHIZUKO データアナリスト
  • 前田 浩嗣 MAEDA HIROSHI クリエイティブディレクター

データアナリスト

目指すのは、
未来のひみつ道具を
駆使するコンシェルジュ。

本多 志津子

HONDA SHIZUKO

データアナリスト

1979年生まれ。印刷会社、POSデータ運営会社を経て、2008年にアイディーズに入社。ID-POSを中心としたビッグデータのアナリストとして、食品スーパー/メーカーのコンサルティング業務に従事するほか、商品企画開発グループのマネージャーとして、生鮮や総菜を含む食品の市場流通情報を把握できる統一コードを始めとした商品開発に携わる。その後、株式会社トクバイを経て、2018年よりマーケティング・グラビティに参画。

データ分析のエキスパートとして、これまでキャリアを積み重ねてきた本多さん。取引先の悩みに寄り添い、一緒になって課題を解決していく、ぬくもりのあるコンサルティングが持ち味です。当社にジョインしてまだ間もないですが、社内でもすっかりお母さん的存在ですね(笑)。

ほんわかした
温かみの
あるサービスの裏は
バリバリのテクノロジー。

前職ではID-POSデータをはじめ、市場データや検索データなど、さまざまなデータを組み合わせながら、流通業界の課題解決に携わってきましたが、ショピモの動線データならお客様が売場をどのように歩き、商品棚の前でどれくらい悩んだのかまで知ることができる。これを活用したら、もっともっとお客様の気持ちがわかるようになるかも?と、その可能性にワクワクしました。

入社前は最先端技術を扱うイメージでしたが、実際に入ってみるとショピモは意外にほんわかした、温かみのあるサービスだと感じました。ショピモのユーザーはスーパーで日々のお買い物する主婦の方が多いこともあり、デザインやコンテンツにも遊び心が散りばめられていますが、一方で、それを裏で動かしているのはバリバリのテクノロジー。見た目はかわいいアヒルが、見えない水面下ではしっかり足を動かしている…そんなイメージでしょうか?

お客様やクライアントに
寄り添う
ドラえもん
みたいな会社に
なれたらいいな。

従来から活用されてきたID-POSデータと、ショピモならではの動線データを合わせたクロス分析を使って、売場の課題発見や販促の効果検証などを主に行っています。ご提案資料を見た小売店様やメーカー様から、「動線データでこんなことまでわかるんだ!」といったお言葉をもらうと、やりがいと手ごたえを感じます。

私はマーケティング・グラビティが、お客様やクライアントに寄り添うドラえもんみたいな会社になれたらいいなと思っています。未来のひみつ道具を駆使しながら、困りごとを解決してくれる存在。いつでも、「助けて~マーケティング・グラビティさん!」って言ってもらえたら最高ですね。自分自身はその中で、ひみつ道具をコンシェルジュするドラミちゃん?みたいな存在になりたいです(笑)。

メッセージ

お買い物って、いつもポジティブな時ばかりじゃないですよね。毎日の食事に必要なお買い物は、「めんどくさい」「マンネリ」「節約しないと家計がピンチ」…など、ネガティブな気持ちになることも多いと思います。そんな時に、ショピモを使うことで少しでもハッピーにお買い物していただけるかもしれない。ユーザーにハッピー体験を提供するサービスを、私たちと一緒に生み出してみませんか?ぜひ、お待ちしています!

  • 立川 太三 TACHIKAWA HIROMI サービス企画
  • 平島 輝 HIRASHIMA AKIRA 営業
  • 本多 志津子 HONDA SHIZUKO データアナリスト
  • 前田 浩嗣 MAEDA HIROSHI クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクター

本当に大事なのは、
冷静と情熱の間に
ありそうです。

前田 浩嗣

MAEDA HIROSHI

クリエイティブディレクター

1979年生まれ。多摩美術大学を卒業後、フリーターやプー太郎の潜伏期を経て、AOL Platforms Japan (現Oath Japan)にて、Creative Director に就任。広告バナーを5,000点以上も制作するという偉業?を達成したほか、企業ウェブサイトや会社案内、広告メニューの作成からオフィス設計まで、デザイン+マーケティングの分野で活躍する。マーケティング・グラビティには2017年から参画し、現在も絶賛稼働中!

社内に同じ名字の社員がいることもあり、みんなからの通称は「ヒロシさん」。ショピモや社内制作の印刷物など、あらゆるデザインを安心して任せられるクリエイティブのリーダーです。ユーモアあふれる人柄で、社員のモノマネもめちゃくちゃ上手(笑)。いつも、みんなの輪の中心にいます。

デジタル技術で、
「ぬくもり」を提供する
ことが
できるんだなぁと
実感。

マーケティング・グラビティに入社した理由は、前職時代の上司に紹介されて興味を持ったのがきっかけです。前職ではクライアントワークが中心で、自分達のブランドをつくれるような環境ではなかったので、ここならそれができそうだなぁと。また、当時からAIに興味があったので、そこに携わりたかったのもありますね。
最終的な決め手は、面接で会った社長のギラギラ感と、立川さん(創業メンバー)のチャラ感?ですかね(笑)。

入社して感じたのは、思っていたよりフィジカルな事業だなぁと。バーチャルなWeb感覚ではなく、現場感のあるリアルな事業だなぁと。デジタルでリアルをもっとリアルにしたり、リアルにバーチャルな楽しさを落とし込んだり、そういう事業なのかなぁと。
デジタル技術で、「ぬくもり」を提供することができるんだなぁと実感できたのはよかったですね。これからは逆に、いかにして「ぬくもり」をデジタル化(数値化)するかという段階に入ってきていると思います。

自分たちで考えた
新機能を
デザインして
形になった時が楽しい。

今は、UIをつくったり、バグを発見したり、新機能を考えたり、冗談言ったり、アンケートつくったり、苦言を述べたり、ビーコン設定したり。
JSを書いてる時と、自分たちで考えた新機能をデザインして形になった時が楽しいです。

将来の目標は、グラフィックデザインやUIデザイン、Webデザインに止まらず、タブレットデザインやカートデザイン、そして、組織や経営のデザインもこなすマルチ・デザイナーになりたいですね。

メッセージ

大事なのは情熱です!
と言い切りたいところですが、本当に大事なのは、冷静と情熱のあいだにありそうです。
冷静だけでは絶対にダメだし、情熱だけでもダメですが、より情熱が大事なのは確かだと思います。
情熱っていうか、誠実さ? 自分に対する誠実さが大事だと思います。
あと新橋は、しみったれた飲み屋が充実しているのでいいですよ。

  • 立川 太三 TACHIKAWA HIROMI サービス企画
  • 平島 輝 HIRASHIMA AKIRA 営業
  • 本多 志津子 HONDA SHIZUKO データアナリスト
  • 前田 浩嗣 MAEDA HIROSHI クリエイティブディレクター