ブログ

マーケティングLab

2019.06.06

出荷実績が前年比で最大230%に!【ショピモ活用事例】キリンビバレッジ&江崎グリコ様

当社のサービス「ショピモ」はショッピングカートに取り付けたタブレットを使って、店舗で今まさにお買い物をしているお客様へダイレクトに情報を届けられるのが強み。商品を効果的にアピールできる広告媒体として、店舗様・メーカー様にご活用いただいています。

今回は、これまでにショピモをご利用いただいた企業様のなかで「商品の出荷実績が前年比で最大230%」という結果を出すことに成功した事例をご紹介します。

どのようなやり方で、この数字を実現できたのか?
ぜひ参考にしていただき、みなさまの販促施策にお役立ていただけたら幸いです。

企画概要

■企画名
平成最後のコラボレーション!午後の紅茶×ポッキー共同キャンペーン

■実施期間
2019年2月15日~28日

■参加企業
キリンビバレッジ/江崎グリコ

■企画概要
「午後の紅茶・チーズミルクティー味」と「ポッキー・ミルクココア味」を一緒に口に入れるとティラミス味になるというコラボレーションキャンペーンを、ショピモの店内回遊ゲーム「あつめてPON!」を活用して訴求。

「あつめてPON!」とは?

ショピモの人気コンテンツである「あつめてPON!」はお客様がカートを押しながら、「うりばマップ」に配置された☆マークの近辺を通ることでパズルを完成させていく店内回遊ゲーム。6ヵ所全てを回遊して、パズルを完成させるとポイントがもらえるしくみです。
画面のデザインをPRしたい商品のクリエイティブに変更することで、お客様にゲームを楽しんでもらいながら自社製品の売り場へ誘導する広告として利用いただくことが可能です。

うりばマップ画面

画面デザインの一例

今回のキャンペーン画面イメージ

①「あつめてPON!」ゲーム開始前の画面

キャンペーン対象商品が置かれた売り場の近くにパズルのピースを配置することで、お客様にゲームを楽しんでもらいながら自然に売り場へ誘導します。

②「あつめてPON!」ゲーム完了(コンプリート)後の画面

ショピモの「うりばマップ」で☆マークのある場所(対象商品の売り場の近く)を通ると、「?」になっていたパズルのピースが1つずつ開いていき、6個全てを開けて完成させるとポイントがもらえます。

③パズルのピースを発見したタイミングでPUSH表示される広告画面

店内回遊中にパズルのピースを発見するとPUSH表示される画面にも、商品情報やクーポン情報を掲載可能です。これにより、今まさに商品棚の前にいるお客様へダイレクトに商品をアピールできます。

前年比140~230%の出荷実績を記録。カテゴリ全体への波及効果も。

施策を実施した結果、対象商品の出荷実績は大きく伸びる結果となりました。

キリンビバレッジ様:前年比140%
江崎グリコ様:前年比230%

※いずれも、昨年実施したコラボ企画商品と比較した伸長率

「この結果はもちろんショピモだけでなく、店舗様・メーカー様と3者が連携した相乗効果によるものと思います。今回は店舗様にもご協力いただき、対象商品を店内の目立つ場所に陳列して、うまく売り場をつくることができました」
当企画をプロデュースした営業担当/平島

ショピモを活用して売り場にお客様を誘導し、ダイレクトに情報を届けることで、全ての関連売場で立寄率や検討率が大幅に向上。さらに、コラボした2つの商品の同時購買者も非常に多く獲得することができました。

また、キャンペーン対象商品が売れたのはもちろんのこと、江崎グリコ様では定番品のポッキー箱シリーズの販売実績が前年比120%、キリンビバレッジ様でもカテゴリー売り上げの引き上げに成功するなど、周辺領域での売上アップにも貢献。

「おかげさまでご参加いただいた両社の方には大変お喜びいただき、ショピモにもご満足いただくことができました」
(営業担当/平島)

ショピモは店頭でのダイレクトマーケティングが可能なメディアとして、さまざまな広告メニューをご用意しています。

ご興味を持っていただけた方はぜひ、こちらのお問い合わせ窓口よりお問い合わせください。
お待ちしております!

この記事を書いている人
家坂典子 / 広報担当
印刷会社や大手通販会社でコピーライター・ECショップ運営などを経て、2017年より現職。無類の動物好きで、いまは3匹の猫と暮らしています。

採用情報

一緒に、挑戦しよう
事業拡大フェイズにつき、Androidエンジニア・サーバサイドエンジニアなど
多職種で積極採用中です。
採用情報を見る