ブログ

マーケティングLab

2019.08.05

表彰店舗が決定!「ショピモ利用者アップキャンペーンin綿半スーパーセンター」結果発表

弊社のタブレット付きカート「ショピモ」を現在、10店舗で導入いただいている綿半スーパーセンター様。導入から約1年が経ったのを機に、6月28日~7月15日の期間で「ショピモ利用者アップキャンペーン」が開催されました。

※キャンペーンの様子は、こちらの記事でもご覧いただけます。
【前編】熱い闘いをリポート!ショピモ利用者アップキャンペーンin綿半スーパーセンター(須坂・長池・稲里・千曲・松本芳川店)
【後編】熱い闘いをリポート!ショピモ利用者アップキャンペーンin綿半スーパーセンター(諏訪・箕輪・伊那・富士河口湖・可児店)

いよいよ今回は、その結果発表!
表彰対象となるのは、こちらの合計3店舗です。

◎期間中に「ショピモ」の1日あたり平均利用者数が上位の1店舗
◎期間中の「ショピモ」の1日あたり平均利用者数の伸長率が上位の2店舗 ※4月の月間稼働数と比較して

10店舗がそれぞれに創意工夫を凝らしながら、ショピモのご利用者アップを目指した今回の闘いを制し、見事に表彰店舗として選ばれたのは…
下記の3店舗でした!

【1】千曲店(1日あたり平均利用者数 第1位)

キャンペーン開始直後から、圧倒的なスタートダッシュを決めた千曲店。最後までその勢いは衰えることなく、他店の追随を許さないまま逃げ切りの第1位となりました。
おめでとうございます!

見事に第1位を獲得した、綿半スーパーセンター千曲店の望月店長(写真左)。表彰状はマーケティング・グラビティの営業担当・阿比留(写真右)が、各店へ直々にお渡しに伺いました。

【2】松本芳川店(1日あたり平均利用者数の伸長率 第1位)

ご利用者数の伸長率では、松本芳川店がダントツの第1位に! 店頭での積極的なお声がけをはじめ、ショピモの利用方法を説明する手書きPOPやショピモクーポンのご案内チラシを自作するなど、松本芳川店ならではの工夫が大いに貢献した結果となりました。

ご利用者数の伸長率で第1位を獲得した、綿半スーパーセンター松本芳川店の岩崎店長(写真左)。受賞された3店舗にはそれぞれマーケティング・グラビティより、こちらの表彰状のほか、ささやかな記念品を贈呈させていただきました。

【3】可児店(1日あたり平均利用者数の伸長率 第2位)

ご利用者数の伸長率で第2位となったのは、可児店。2018年11月にオープンしたばかりの新店で、岐阜県内では初出店ということもあって、ショピモを利用するのに必要なブルーカード会員の入会促進と合わせて取り組んだ結果、非常に多くの新規利用者を獲得することができました。

ご利用者数の伸長率で第2位となった、綿半スーパーセンター可児店の小澤店長(写真左)。綿半スーパーセンターとしては初進出となる岐阜の地で奮闘中!

また今回は店舗表彰のほかに、各店の店長が選出する「MVP従業員」(各店1名/合計10名)の表彰も合わせて実施されました。キャンペーンのリーダーとして、店舗のメンバーを引っ張ってくださった頼もしいスタッフの方が多数受賞。誠におめでとうございます!

各店の店長が選出する「MVP従業員」の方にも、賞状と記念品を贈呈。授賞式では「皆さんのおかげで受賞できました」という受賞者のコメントに、スタッフ全員から拍手が巻き起こる一幕も(写真は松本芳川店での授賞式の様子)。

今回のキャンペーンでは各店の非常な頑張りにより、予想を遥かに超える数のお客様に、ショピモを新しくお使いいただくことができました。惜しくも表彰対象にならなかった店舗からは早くも、「ぜひリベンジさせてほしい!」との熱い声も。今後も引き続き店舗のみなさまと連携を取りながら、ぜひ第2弾・第3弾と開催していければと思います。

ショピモご利用者のみなさま、そして現場で頑張ってくださった店舗のみなさま、本当にありがとうございました!

この記事を書いている人
家坂典子 / 広報担当
印刷会社や大手通販会社でコピーライター・ECショップ運営などを経て、2017年より現職。無類の動物好きで、いまは3匹の猫と暮らしています。

採用情報

一緒に、挑戦しよう
事業拡大フェイズにつき、Androidエンジニア・サーバサイドエンジニアなど
多職種で積極採用中です。
採用情報を見る